ハイキュー‼︎

【ハイキュー!!】402話 最終話「挑戦者たち」ネタバレ・感想 最終回だよ!全員集合!

ハイキュー‼︎402話のネタバレ・感想です。とうとう最終話です!
約8年半の連載お疲れ様でした!!

前回401話では、ジャッカルvsアドラーズの試合はジャッカルの勝利で終わりました。
そして時は経ち、2021年オリンピックに日の丸を背負った日向と影山の姿が…!

今週は今まで登場していないキャラも一気に出てきて大集合の回でした!それぞれメンバーの進路とは?

ジャンプではセンターカラーで、扉絵は本当に全員集合の圧巻の美麗カラーイラストでした!!

最終話はコミックス版ではたくさん描き下ろしがあり、こちらはコミックス版をまとめております。

最終回は特に、時と場所が行ったり来たりしますので注意です!笑

←前回 今回
401話 402話(最終話)

【ハイキュー!!】402話 最終話「挑戦者たち」ネタバレ・あらすじ

牛島と天童 約束の情熱大陸

2021年3月
場所:五色家(実家)

仙台駅に一番近いという理由で、元白鳥沢バレー部OBである瀬見、大平、山形、白布(川西はリモートで参加)は五色家に集まり、『情熱大陸(テレビ番組)』が始まるのを今か今かと待っていた。

番組が始まり、画面に映し出されたのはショコラティエ姿の天童覚であった。
天童はパリでショコラティエとして活躍していたのだ。

天童は今から友人との食事に向かうとの事で、テレビも同行する。

天童の食事相手は、バレーボール日本代表のエース牛島若利。

高校時代一緒のバレー部だと説明する天童に、カメラマンは「ではおふたりは”戦友”というわけですね」と言うと、2人は声を揃えて

「「マブダチです」」

とドヤ顔で答える。

この息ぴったりな2人に、同じく情熱大陸を家で見ていた鷲匠監督も声を出して笑っていた。

音駒メンバーの現在

場所:孤爪家

音駒バレー部OBが、ある人物の帰国に合わせて孤爪家に集まっていた。

孤爪家に集まっているのは、Vリーグで活躍している山本(VC神奈川)と芝山(東海重工エスペランツァ)、造園業で働く、保育士になった犬岡、塾講師の手白、お笑い芸人兼飲食店バイトの福永。福永の作るパエリアは、孤爪の舌を唸らせるほどの美味しさだ。
ちなみに黒尾は仕事で遅れるそう。

夜久は、ロシアのプロチーム”チーグル エカチェリンブルク”にリベロとして所属しており、今回日本代表の招集のため帰国していた。空港から直接研磨の家ではなく、一度渋谷に寄るようリエーフに言われ渋谷に来ていた。

渋谷に着いて見上げた先にあったのは、モデルをしている灰羽リエーフ灰羽アリサの香水の特大広告だった。

広告を見た夜久は爆笑した。

東京2020オリンピック開幕

日本vsセルビア

2021年 7月
東京2020オリンピック
バレーボール競技 第4日

女子一次リーグ
日本vsセルビア

日本代表にエースとして選ばれた天内叶歌は、エースとしての宿命で、相手選手に狙われ思うように動けずにいた。

狙われるのは本人もわかっていて、しっかりと練習をしてきた。

心の中で昔田中に言われた『できるまでやればできる』という言葉を胸に、相手サーブをレシーブしそのまま攻撃に入り見事なカウンターを決める天内。

テレビを見ながら田中と清水は、天内を応援していた。

日本vsカナダ

第7日

男子一次リーグ
日本vsカナダ

相手のブロックを超えた強烈な速攻を、見事レシーブした星海。

すぐに攻撃の体制に入り、侑の名前を呼ぶ牛島。
ボールの下に入り込み、難しいボールもしっかり両手でトスをあげる侑。
ボールをもらった牛島は、強烈なスパイクを決める。

試合会場で観戦していた黒尾は、牛島の強烈なスパイクを見て「すごい音」と声を漏らす。

すると黒尾の言葉を聞いていた空井が横から「でしょ???」と得意げに言う。
黒尾は空井の急な登場に驚いていた。

同時刻、あおば整形外科クリニックでは、怪我をした白鳥沢の男子バレー部の少年が院内のテレビでオリンピックを観戦していた。

その少年に「焦ったらだめだよ」と縁下が声を掛ける。
「いいジャンプは?」と縁下が言うと、「…いい助走から」と少年は答えた。

田中家に集まる烏野メンバー

8月

東京2020オリンピック

バレーボール競技 第13日

田中家に、澤村と菅原が集まっていた。東峰はちょうどオリンピックのタイミングで西谷と『弾丸世界ツアー』に行っており不参加だった。

「今どこに居るんだろう?」という清子の問いに、田中は「北極に現地集合とは聞いたけど…」と言いかけた所でちょうど携帯がなる。
その後ろでは「ソンカイノーソンカイノー」と菅原が呪怨のED曲を鳥に覚えさせようとして澤村に怒られていた。

携帯に届いた写メを見ると、ピラミッドをバックに映る東峰と西谷の姿だった。
写メを見た4人は爆笑した。

日本vsアルゼンチン

8月

東京2020オリンピック

バレーボール競技 第13日

今日の対戦相手は、名将ホセ・ブランコを代表監督に迎えた、現在世界ランク4位のアルゼンチン。日本は現在このアルゼンチンに2連敗している。

春高予選の試合終了後「これで一勝一敗だ。だからチョーシのるな」と及川に言われた影山。

白鳥沢に来なかったことを「選択を間違えた」と言い、取るに足らないプライドのせいだと言った牛島に対し「俺のバレーは終わっていない、取るに足らないこのプライド、覚えておけ」と言った及川。

春高予選後の帰り道で「自慢の相棒で超すごいセッター…でも戦う時は全力で倒す」と及川言った岩泉。

そんな昔を思い出していた彼らの先には、「俺は全員・・倒す」と言っていた及川徹の姿が。

アルゼンチン代表選手のセッターとして、日本代表選手の前に君臨する

及川は高校卒業後ブランコ監督を追い、単身アルゼンチンに渡り、後に帰化していた。

西城バレー部OBである、転職活動中の花巻、葬儀会社勤務の松川、スポーツインストラクターの矢巾、水族館勤務のはスポーツバーに集まり、オリンピックを観戦していた。

”及川選手は日本にいた時は無名の選手”という解説の説明を聞いた4人は、「やかましいわ」「スケールが違うんじゃい」と口々に文句を言っていた。

一方仙台フロッグスのOPとして所属している京谷は、体育館で練習をしつつ携帯でオリンピックを観戦していた。そこに月島が現れる。
京谷は「珍しい、試合は観ないのか」と声をかける。
そんな京谷の問いに月島は「試合は観るけど、そいつらを観てるとどうしても”動かなきゃ”と思ってしまう」と言う。

 

「今日こそアルゼンチンを倒す」と息巻く木兎に、影山は「はい。今日はコイツも居ますし」と日向を見ながら言う。

今回オリンピック初招集の日向は、高校時代は影山と有名な空中戦コンビであり『最強の囮』そして、世界のブロッカーが最も嫌うスパイカーだと紹介される。

この日向の紹介に烏野1年メンバーは爆笑し、澤村菅原田中は感動に涙を流す。

所変わって『おにぎり宮』の店内では、テレビに映る侑を指差し「これ俺の後輩や!」とおばちゃんに自慢する北の姿が。

そこにお店のドアが開く音が響く。
お店に入ってきたのは、現在税関職員の大耳、高校体育教師の赤城、ジムインストラクターの銀島だった。

治は準備万端だと、洋服を1枚脱ぐ。そこには侑と同じ11番の日本代表ユニフォーム姿の治が。この治の姿に、ツッコム稲荷崎メンバー。

そんな明るい店内に、他のお客さんの「ここのおにぎり美味しくて食べすぎてまう〜」「ここ前テレビで紹介されとった」「人気店やんか〜」と会話が響く。

この会話を聞き耳たてて聞いていた北は「どや、俺の仲間全員すごいやろ」と笑顔で言う。

 

「今日もいっぱいトスくれ」と言う日向に対し「お前のレシーブの出来次第だ」と言う影山。

試合は及川のサーブで始まる。

及川の強烈なサーブを体制を崩しながらもあげる佐久早。
影山からの日向へのトスでの変人速攻が決まり、日本が先制する。

ー烏野高校伝説のコンビが再びコートに飛ぶー

先制点を取り、2人は拳を付き合わせる。

 

世界クラブ選手権大会 決勝

時は経ち、2022年

場所:PalaLottomaticaパラロットマティカ(ローマ)

バレーボール男子
世界クラブ選手権大会 決勝

Asas Sao Pauloアーザス サン パウロ
(ブラジル・スーパーリーガ)
vs
Ali Romaアリ ローマ
(イタリア・セリエA1)

 

アリ ローマのユニフォームを着た影山が「今日は」と言い、アーザスサンパウロのユニフォームを着た日向が「今日も」と言い返し

「「俺が勝つ」」

と2人同時に言う。

2人の戦いはまだ終わらない。

 

最終話

挑戦者たち

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です