ハイキュー‼︎

【ハイキュー!!】398話「遠くに行くは必ず邇きよりす」ネタバレ・感想 日向vs牛若の行方は?

ハイキュー 398話 ネタバレ感想

ハイキュー‼︎398話のネタバレ・感想です。

今回のサブタイトルは名言中の名言、武田先生が宮城1年選抜合宿に呼ばれてないのに行った日向に言い聞かせた言葉「遠くに行くは必ず邇きよりす」です。

遠くに行くは必ず邇きよりす:何かをなすには一歩一歩順を追って進まねばならない

前回の話の終盤では、牛島のスパイク対日向のレシーブでの真っ向勝負で終わりました。

日向のさらに進化したレシーブとは?今週もアツい展開でした!

←前回 今回 次回→
397話 398話 399話

【ハイキュー!!】398話「遠くに行くは必ず邇きよりす」ネタバレ・あらすじ

日向vs牛島の行方は?

牛島の強烈なスパイクを、体勢を崩しつつもレシーブする日向。

すぐに立てと自分に言い聞かせる日向。

ボールは上がるものの、大きく飛びアドラーズのコートへ。

アドラーズのチャンスボールとなり、同時多発位置差攻撃シンクロこうげきを繰り出すアドラーズ陣。
そんな助走に入った牛島からは”自分に寄越せ”という圧が。

日向本人も感じるほど、牛島から『お前を叩き潰したい』という圧が出ていた。

そんな牛島に対し日向は頭をフル回転し、そしてビーチにいる自分をイメージしていた。

トマスと佐久早のブロックを抜けた牛島のスパイクは、日向の真正面に。
真正面にきたボールを日向は綺麗にAパスで返した。

日向の完璧なレシーブに観客はもちろん、チームメイトもヒートアップする。

日向の進化したレシーブは

牛島の強烈なスパイクは、”ラッキーな事に日向の真正面に飛んできた”と思い、声に出した観客。

しかしその言葉を聞いた田中は気づいていた。

日向はたまたまそこ(ボールの真正面)に居た訳ではないと。そしてラッキーなことにAパスになった訳ではないと。

この日向のレシーブを見て烏養は考えていた。
昔に比べ、一段とレシーブへの意識が高くなっている日向。
意識だけでなく、位置取りやボールコントロールの技術。

そして、それに加えて鍛えられた”バランス”

今の日向のレシーブは、倒れない膝をつかない レシーブなのだ。

遠くに行くは必ずちかきよりす

日向は高校一年の春高で、発熱により途中退場をする際武田先生に言われた『今、この瞬間もバレーボールだ』の言葉を胸に日々過ごしてきた。

物事を行うには順序をおって行わなければならない。

すべてを積み重ねてきた日向が助走入る。

←前回 今回 次回→
397話 398話 399話

Sponsored Links

【ハイキュー!!】398話「遠くに行くは必ず邇きよりす」感想

今週のハイキュー‼︎の最後のあおり文が

”全経験 0歩目の助走”

と書いてありましたが、日向が今まで積み重ねてきた経験を助走0歩目で表すとは…!

日向の綺麗なレシーブの描写には読んでいて思わずおおっ!と声を出しました。

アドラーズのシンクロ攻撃の際に、白布が鬼の形相でもう一本牛島さんに上げろ、って念じてるのには笑いました!

烏野バレー部は本当にいい先生に巡り会えたと、改めて!改めて!思わされました!

ハイキュー‼︎(漫画&アニメ)を無料で

是非最終巻は実際に読んでいただきたいです!


ビデオオンデマンドサービスU-NEXTでは見放題作品が31日間無料トライアル中です!+ 得点として登録時に600ポイント貰えるため、もらったポイントでハイキュー‼︎の漫画を1冊分購入することができます!

漫画だけでなく、アニメ『ハイキュー‼︎』は、U-NEXTの見放題に入っているので期間中無料で視聴することが出来ます!
 
31日間無料は初回登録の方のみ対象ですので、過去にU-NEXTに登録したことがある方は無料対象外となる為注意が必要です!

 

本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて
ご確認ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です