ハイキュー‼︎

【ハイキュー!!】383話「スーパースター」ネタバレ・感想 日向のジャンプサーブ、世界のトップ選手ニコラス・ロメロ(30)

ハイキュー 383話 ロメロ

ハイキュー‼︎383話のネタバレ・感想です。

今話は和久谷南の中島猛・川渡瞬己、条善寺の照島遊児が登場しました!

今週はニコラス・ロメロ(30)にスポットが当たった回でした!

←前回 今回 次回→
382話 383話 384話

【ハイキュー!!】383話「スーパースター」ネタバレ・あらすじ

日向のジャンプサーブ

試合は進みお互い譲らず4対4の同点に。

日向サーブからスタート。サーブを打つ前にインドアなのに砂を落とす動作をする日向にツッコむエイトール。
日向はジャンプサーブを打つもののサイドラインギリギリでアウトになってしまう。

日向のジャンプサーブを見た面々はそれぞれ反応する。
宇内は「サーブも普通じゃなくなってる」と驚き、赤葦は『こんなに育って』とほろりと内心感動していた。

和久谷南高校出身で現旅行代理店(宮城)勤務川渡瞬己(24)とスポーツメーカー(宮城)勤務キンイロスポーツジャンパーズL中島猛(24)は、「俺らやべぇ奴らと戦ったもんだ…」と驚愕する。

一方、青城戦で日向が影山の後頭部に当てたサーブを懐かしむ菅原の姿を見て、「今くらったら明らかにやばいな」と遠い目をする澤村。

日向がサーブを外したことに「どんまいっ」と声をかける木兎と「まぁ1本目やしな」と言う侑。

「それは1本目成功したやつが言うやつ」と侑は犬鳴にツッコまれ、佐久早からは「サービスエース先越されなくてよかったな」と鼻で笑われる。

試合はBJ 4対5 AD

スーパーショット

星海サーブ。

『日向翔陽、手本を見せてやる』と星海がジャンプサーブを放ち、木兎が『さっきのお返しだ』とレシーブする。

ライトから佐久早がスパイクを打ちロメロのブロックを大きく弾くも、リベロの平和島がフォローし星海がなんとか繋げる。

なんとか返すだけになるかと思われたが、ネットを背にした状態から振り向きざまにスパイクを叩き込んたニコラス・ロメロ

このスーパーショットには日向も目を輝かせる。

アドラーズか連続得点で
BJ 4対6 AD

条善寺高校出身で美容師見習い(東京)の照島遊児(23)は、スマホで試合を見ているお客さんの画面を覗き「ロメロかっけー!俺この日向・影山と戦ったことありますよ」とお客さんに話しかけ先輩に注意されていた。

テレビで見ていたトップ選手

星海2回目のサーブ。

ジャンプサーブはネットに当たり、前にいたトマスが手で弾き、犬鳴がフォローする。

ラストは返すだけになってしまうボールに日向は一瞬相手コートを確認し、前にいるロメロを狙ってボールを返す。

日向の返しを見た孤爪と国見は『嫌トコイイトコ』と思うも

ファーストタッチを余儀なくされ攻撃を封じられたと思われたロメロだが、レシーブしそのまま流れるように攻撃に入る。それに気付いた影山も瞬時にロメロに合わせトスを上げる。

侑とトマスの間を抜けロメロのスパイクが決まる。

先程ロメロはファーストタッチで膝をつき、攻撃を封じたと思った日向・孤爪・国見は驚く。

ロメロは影山に「nice!Tobio〜!」と声をかけ頭を撫でる。影山は顔を輝かせ、日向・木兎・侑は影山を羨ましそうに見る。

長年ブラジル代表を務めるエース、ニコラス・ロメロ

日向達は今、世界のエースと戦っている。

←前回 今回 次回→
382話 383話 384話

Sponsored Links

今回登場した照島・中島・川渡のその後(卒業後)は?

中島猛(24) スポーツメーカー(宮城)勤務 キンイロスポーツジャンパーズ L
川渡瞬己(24) 旅行代理店(宮城)勤務
照島遊児(23) 美容師見習い(東京)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です