ハイキュー‼︎

【ハイキュー!!】299話 「秩序と無秩序」ネタバレ 烏野vs音駒 烏野のバケモノ

ハイキュー 299話 ネタバレ 感想

ネタバレ記事です

音駒vs烏野第一セット中盤

前回は山口のサーブで相手を崩し、月島がブロックし見事なサーブ&ブロックを見せました!!

みんな大活躍ですが、今回活躍するのは…?

←前回 今回 次回→
298話 299話 300話

【ハイキュー!!】299話「秩序と無秩序」ネタバレ・あらすじ

あの時とは違う、落ち着いている山口

山口3回目のサーブは狙いがそれて、リベロの夜久のところに。

夜久はオーバーでしっかりレシーブし、そのまま海がスパイクを決める。

きっちりと切った音駒。対してサービスエースとサーブ&ブロックでしっかりと流れを作った烏野。

試合は進み黒尾がスパイクを決め現在

烏野 13対10 音駒

リエーフがコートにインし夜久が出る。

その際芝山がリエーフに「君は君だから!(訳:黒尾さんと月島くんがいいプレーを見せたからといって張り合ってはダメだよ!)」と遠回しに声をかける。

そんな遠回しの芝山の声かけにリエーフは「???」と少し考えて「おう!」と理解していないながらもいい顔で返事をする。

そんなリエーフの反応に同じ一年セッターの手白球彦てしろたまひこは「アレ全然わかってないぞ。ストレートな言い方じゃないと通じないだろ」と芝山に言う。そんな芝山は「余計なこと言ってやる気削いだらだめかなと思って・・・」と返す。

そんな中、夜久は大声で「リエーフ!いいとこ見せようとすんじゃねぇぞ!!」とドストレートに言う。

夜久からの声かけを聞いたリエーフは笑顔でサムズアップする。そんなリエーフを見て夜久は「なんか腹立つわー」とぼそっと言った。

 

黒尾の強烈なサーブは田中と西谷の間に落ちサービスエースを決める。

テンションがあがった黒尾は「ンニ゛ャア゛ァッシ!!」と叫び、音駒応援席も盛り上がる。

「ほんとうにオールラウンダーな選手ですね〜」と解説に褒められる黒尾に対し、鼻で笑う戸美の大将。

烏野 13対11 音駒

ここで烏野一回目のタイムアウト。

「ナイスサーブだった」と山口に声を掛ける澤村。「ハイっ!」と返事をしつつ『3本目はリベロに行ったけど、1、2本目はイメージ通りの手応えだった』とドキドキすると同時に

『緊張とは違う、頭はクリアだし落ち着いてるけどドキドキする』

と嶋田とのやりとりを思い出し落ち着いていた。

静かなる獅子リエーフ

タイムアウト終了。黒尾二回目のサーブ。

黒尾の強烈なサーブを澤村が綺麗にセッターに返し、そのまま月島がスパイクを決める。

研磨は黒尾に「もう一本くらい(サービスエース)とればいいのに…」と言い「ポテトも追加すればいいのに、みたいに言われても」と黒尾は突っ込む。

烏野 14対11 音駒

 

試合は進み田中のスパイクを夜久がレシーブするも、音駒は返すだけになってしまう。
烏野チャンスボール。

コートを見ながら木下は「いつもよりリエーフ躱せてるんじゃねえか?」と言う。

そんな木下の言葉を聞いた月島は内心『確かに灰羽はちょいちょいすごいブロックをする事があるけど、今日はまだそれがない。それに以前とは違う落ち着きがある』と考える。

そして月島は「灰羽ってもっとちょろかった筈なのに」と声に出し隣にいた菅原に「突然の悪口ィ」とツッコまれる。

影山は日向にトスをあげ、日向がスパイクを打とうとするも灰羽のブロックが見えており、『こっちに打ってはダメだ』と灰羽のブロックを避けスパイクを打つも福永に綺麗にレシーブされる。

ここで音駒のシンクロ攻撃。山本がスパイクを放ち、日向影山のブロックを破り得点を決める。

烏野 15対14 音駒

「現在第一セット中盤、音駒がジリジリ追い上げてきます」と解説。そして「全国三本指のようなスパイカーがいなくとも、きっちりセッターに球が返りさえすれば音駒にも多彩な攻撃がありますからね」と続ける。

試合を見ていた赤葦は「音駒の守備…仕上がりはじめましたかね…」と呟く。

バケモノ

試合に戻り、田中のスパイクに”ストレートを2枚で締めろ!!”とリエーフと海がストレートを締める。

田中はクロスに打ち(打たされ)、夜久は綺麗にAパスで返す。

試合を見ながら大将は

『ただただ拾って万全の状態で攻撃し返す 単純に見えて困難なそれをごく当然のようにやる』

『強烈なスパイクやブロック・サーブで圧倒してくるわけじゃない、でも気づけは背後に迫っている、それが音駒だ』と音駒を見つめる。

福永のスパイクをなんとか西谷が拾うがレシーブは乱れてしまう。

そんな乱れたボールの落下点にすばやく入った影山は攻撃の体制に入っていた日向にトスをあげスパイクを決め得点をもぎとる

この強引で鮮やかな速攻に会場は一瞬沈まるも盛り上がりを見せる。

先程の速攻を見た木兎は影山を「相変わらずヘンタイだな!」と褒め赤葦は「攻撃に入っている日向もヘンタイだ」と木兎に言う。

相手の攻撃をきっちり返してカウンターを決めるのが音駒

相手の攻撃を攻略しきれなくても強引にカウンターをかましてくるのが烏野

だと森然高校の2人は話す。

現在 烏野 16対14 音駒

 

わかっていた 烏野と最初に試合した時から
「セッターかな?あいつはとんでもねぇバケモンだ」

烏野には 影山コイツがいるのだと

←前回 今回 次回→
298話 299話 300話

【ハイキュー!!】299話「秩序と無秩序」感想

そうやん影山って天才やん!!って改めて思った回でした!
そして木兎さんが影山のことカギャーマって呼んでるのには笑いました笑
木兎と赤葦2人にヘンタイと言われる日向影山!変人から変態へランクアップ?です!笑

次話では影山サーブからスタートです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です