ハイキュー‼︎

【ハイキュー!!】298話 「導」ネタバレ 烏野vs音駒 月島と山口『烏野の盾と矛』

ハイキュー 298話 ネタバレ 盾と矛

ネタバレ記事です

ここは神回です!読んだ後にわあああ月島山口コンビ最高!と言いたくなる!

前回ドシャットや確実に取るワンタッチ、フロアディフェンスのことを考えたブロックを見せ活躍した黒尾。そんな黒尾を倒せる訳ないと言う月島。

「1人で勝とうなんて思ってない」

そういった月島の後ろにはピンチサーバーに入る山口の姿が!

←前回 今回 次回→
297話 298話 299話

【ハイキュー!!】298話「しるべ」ネタバレ・あらすじ

僕の先をいく男

ピンチサーバーとして入った山口はコートに立ちながら『影山でさえもサービスエースを取っていない音駒』を見据える。

そんな山口の顔を見た黒尾は月島に「あっちの子(山口)は1人で勝つつもりなんじゃない?」と挑発する。
そんな黒尾の挑発に、そうですね、と答えながらも「あいつは僕の先を行く男なので」と笑顔で返す。
そんな月島の反応に『?』を浮かびつつも笛がなり、サッコーーイ!!と山口のサーブを音駒は迎え撃つ。

山口のはジャンプフローターサーブは海と山本の間に。
山本はオーライ!と声を出しアンダーでレシーブする。

しかしレシーブする直前にボールは軌道を変え、山本の手をはじきコート外にボールが飛ぶ。

烏野本日1本目のサービスエースを決め

烏野 11対8 音駒

サービスエースを決められ悔しがる山本にドンマイと声をかける海、手元で伸びたなーと感心する夜久。
そして1本目のサービスエースを決められメラァと内心闘争心を燃やす影山。

ここで音駒が1回目のタイムアウト

その頃烏野観客席では、小学生の頃「けいくんいますか?」と明光に声をかける山口を思い出し「ただし、大きくなったな・・・」とジーンとしていた明光に「まあね!」とドヤ顔の嶋田であった。

Sponsored Links

サーブ&ブロック

タイムアウト開け、山口サーブ。

山口のジャンプフローターサーブは、再度海と山本の間に。

今度は海がオーバーできっちりセッターに返す。

セッターにきっちり返った為『崩せない』と内心山口は悔しがる。

そんな山口のサーブからレシーブまでの動きに月島は『十分』と音駒コートの動き、セッターを冷静に見つめる。

研磨は福永にふわっとトスをあげる。月島は、黒尾の攻撃のおとりに引っ掛からず福永にブロックにつく。

「手は前っていったでしょ、ノブカツくん・・・・・・

「メガネくんさ〜弱々しいんだよな ブロックが!」

黒尾と木兎の言葉を思い出しながら月島はブロックに跳びながら手を前に出す。

福永のスパイクは月島にドシャットされる。

この月島のドシャットに烏野応援席は盛り上がり、木兎は興奮して笑い「見たか!うちのツッキーを!!」と言い赤葦に「月島はウチのじゃないです」と冷静につっこまれる。

何も言わず黒尾を睨む研磨。「オメーのせいだぞ!」と夜久は黒尾を蹴る。

蹴られた黒尾は痛ッと言いつつ「何いってんの、ツッキーの実力でしょうが!」と反論する。

小学生の頃、月島と山口のファーストコンタクト。
「・・・カッコ悪」そのセリフを言って山口を背を向け歩き出した月島

時は経ち烏野に入学し前を歩く月島を追いかける山口

隣に立った試合

合宿の坂道ダッシュでバテた月島を追い越して走る山口

「プライド以外に何があるんだッ」本音でぶつかった2人

月島と山口は向き合い、大きくハイタッチをする。

バレーは楽しいかい?

「ツッキー」とネット越しに黒尾は月島に声を掛ける。

「最近のバレーはどうだい?」

黒尾からの質問に月島は少し遅れて「…おかげさまで」と反応する。

「ちょっとそこのー、、烏野のメガネの!」「ちょっとブロック跳んでくんない?」と黒尾と木兎に声をかけられたところから始まった。

「メガネくんさ、バレーボール楽しい?」「・・・?いや特には…」「それはさ、へたくそだからじゃない?」

『ほんとうに おかげさまで』

「極 たまに 面白いです」月島は答えた。

←前回 今回 次回→
297話 298話 299話

 

【ハイキュー!!】298話「導」感想

あああ文章力がないからこの話の素晴らしさが表現できない!!

どの話ももちろん原作を読んで欲しいけどこれは群を抜いて読んで欲しい!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です